2014年
                           
       
12月2日(火)


                         carta


                           
                          机の抽斗に、もう三十数年眠っている小さな箱がある。顧客からお預かりした花札の箱。

         勿論、堅気の奥さまで我家へ来られた時その箱を前に置いて、これから少しずつ花札の中から

         デザインしたきものを染めてほしいと仰った。内心、私は驚いた。それまで花札に触れたことも、

         よく見たこともなかったし、強烈な色彩と、博徒や粋な姐さんの姿が頭に浮かび、困ったなあと

         思いつつ小さな箱を眺めていた。しかし、それは杞憂だった。その方は以後次々と註文を下さったが

         ほとんどお任せで花札を話題になさることはなかった。預けたことを忘れていらっしゃるのかも知れない

         と思い、お返しすることも考えたが何となく御縁が切れるようでそのままになっている。

         今回初めて箱を開け、机の上に並べてみた。花札といえば赤と黒の地に白い大きな円のデザインが

         印象的だが、私は勝手に円は太陽、黒の部分は山だと思っていた。じっくり見て、円は月、黒の部分は

         薄野だと分かった。松、桜、菊など十二種の植物がそれぞれ四枚ずつ異なるデザインで描かれ、

         全体で、日本の四季が表現されている。無知を恥じ入るばかり、今更ながら預けられた方の深意を

         知る思いである。

           花札をお預かりした前後、新宿で観た軽演劇にトランプ文様の帯が登場した。赤い地に黒の大きな

         スペード、粋な姐さんが締めていた。客席には石井ふく子プロデューサーやニューハーフの人達もいて

         熱気があり、私もほろ酔い気分だった。舞台の黒いスペードを追いながら、トランプ文様の図案を

         あれこれ考えてみた。以来、遊び心のある個性的なトランプ文様は私を魅了し続けている。


       obi obi

                       帯  太鼓の部分                       前の部分 


             obi      obi
 
                                                            帯                            前の部分

                        


         11月11日(火)


                   cruising marriage


            
クルーズ船の結婚式に招かれ、久し振りに郷里の親戚と和やかな時間を過ごした。母が亡くなるまで

     仲良くしていた九十歳近い従妹も上京したので、戦前の母の帯を締めて行った。予想通り昔話が聞けた。

     きものは金銀糸で短冊を織り出した生地に百人一首の歌を書いた附下を合わせた。



                 kimono


    衣桁に掛けたこのきものを眺めていると、字を模様にすることを勧めた幾つかのきものを思い出す。

    友人の紹介で親しくなった方が能装束人形の模様できものを誂えられた折、その方が長く書道を習っていて

    務めている会社の賞状や熨斗袋などの字を任されていると伺ったことがあったので、模様のバックに御自分で

    謡を少し入れてはどうでしょうと勧めてみた。最初は驚いたような顔をなさったが、「やってみましょうか」という

    ことになった。紙に書くことに慣れていても、生地では要領が違う。墨で書くのがベストだが定着するのに時間が

    必要で、雨に当たったり飲物を零したりすると滲むので、きものの場合染料で書き他の模様と同時に色止め加工

    をする。とろみを付けたグレーの染料を用意し、休日に練習も含め二日ほど我家にお出まし頂いたように思う。

    柔らかな字で染め上がり、その後何度かメンテナンスでお預かりしたが、まだまだお召しになられるはずだ。

    友禅染の教室でも年輩の方に字の模様を勧めた。写真の私のきものは一番年長の方に茶色の染料でお願いした。

    字は濃度が難しい。上手だからといって張り切って濃く書くと、粋になったり下品になったりする。

    御主人が書道自慢で年賀状を毎年何百枚(?)も書くと呆れ交じりに話す方が教室に通われていたので

    色留袖を染められる折、御主人にも参加して頂くことを勧めた。立派な丸帯を持っている方なので古典的な巻物の

    模様にして、その白紙の部分に字を入れてはいかがでしょうと。ご主人は大層喜ばれたそうで、しかし教室へ

    お出で下さいとはいえないので「濃くなさらないように」という祈るような助言のみで、御自宅で、墨で(この折だけ)

    書かれることになった。流石、見事な出来映えで格調高い色留袖になった。力強くなる男性の字を考慮して、

    地色は高麗納戸に決めていた。御主人の鼻高々な御様子が目に浮かぶようだった。


                          colour of kimono


                   
       10月2日(木)


                         actress


         
高峰秀子の流儀という本があちこちの大きな書店に平積みされたのは四、五年前だろうか。高峰秀子さんは

    華々しい経歴を持つ昭和を代表する女優だが一九七九年、五五才で引退されてからほとんどマスメディアに

    登場することがなかったので、表紙を見てその健在ぶりに思わず口元が綻んだのを覚えている。残念なことに

    本が出版された同じ年の暮に亡くなられ、最近になってこの本が若い女性によく売れたという書評を読んだ。

    若い女性に?? 高峰さんが活躍した時代を知らない彼女達はきもの姿の表紙を見て、

    「このキリッとしたおばさまは何者だろう。」と思ったらしい。私の口元はまた綻んだ。若い女性の感性はスゴイ。

    その感性に訴えた高峰さんの佇まいもスゴイ。

    私が小学校へ入学する少し前、生まれ育った商店街のおかみさん達がお客を巻き込み井戸端会議ならぬ

    店先会議に熱中していたことがあった。そのかまびすしさは周囲を圧倒し、何事が起ったのだろうと思った。

    後で分かったことだが話題は二十四の瞳の撮影で小豆島へ来ている高峰さんのことで、おかみさん達の興奮が

    ピークに達したのは、修学旅行でこんぴらさんへ行く場面のため高峰さんが高松に宿泊した期間だった。

    映画が最高の娯楽だった時代、女優が地元に来るというのは大事件だったに違いない。

    二、三年後、喜びも悲しみも幾年月という高峰さん主演の名作も、高松から手に取るように見える男木島で

    撮影が行われた。そういう訳で、よく名前を聞かされ、出演作品もいくつか観ていたが、高峰秀子という存在を

    意識したのは友禅の仕事に就いて何年か過ぎ、テレビの深夜番組で女が階段を上る時という映画を観た

    時だった。銀座のバーの雇われマダムの役で、ストーリーには関心なかったが高峰さんが着ている胸の透くような

    きものに目を瞠った。マダムだからといって派手、豪華ではなく、モノクロ映像の効果を充分に狙い、縞を基調と

    した知的で、洗練された衣裳だった。特に印象に残ったのは、細い縞が横に段々太くなる反物を突き合わせに

    仕立て、両袖口が太い縞になったもの、それから上前と左袖が縞、下前と右袖が黒無地の片身代わりのもの。

    こんなハイセンスな衣裳を考えたのは只者ではないと思い調べてみると、担当は高峰さん自身だった。感服の一言。

    高峰さんが書かれた自伝やエッセイを繙いていると、プライベートなきもの姿の写真を見ることができる。やはり

    スッキリとして、辺りに引き締まった空気が漂う。きものの選び方、着こなし方はそのまま、生き方でもある。

    高峰秀子の流儀の表紙は穏やかな佇まいながら、潔い気性と知性を秘め、無言のメッセージを発している。
     
                                     
        9月1日(月)

          白石加代子さんの百物語ファイナル公演が天守物語なので劇場へ観に行った。満員御礼。

        タイムリーにNHKのETV特集で稽古風景など、二十二年に渡る百物語との奮闘ぶりが放映された。
                                                                                    
        白石さんは家計を支えるため、まず社会人として働き、遅咲きで演劇界へ入り大輪の花となった女優。

        誰もが認める実力派だが、百物語という朗読中心の一人舞台は出来上がるまで孤独な作業が続き、

        衣裳の温もりに体が突き動かされたこともあったという。その衣裳とは、十七歳の誕生日のために

        お母さまが厳しい家計の中、無理をして買ってくれた友禅染のきもので、三十五話の舞台にも使ったそうだ。

        お母さまは娘の行く先に何かが見えていて後押しをしてくれ、十七歳の初々しく着飾った写真も残して

        くれている。ファイナル公演に臨み、その古代紫のきものを箪笥から出し、畳み直しながら

        愛おしそうに見入る白石さんの、舞台とは別の静かな顔が印象的だった。

        今回の天守物語の衣裳は演出家が天空の世界をイメージして誂えたとのことで、

        濃紺の地色、腰より下のブルーからピンクになる暈し染の上に霞のような雲のような文様が浮かんでいた。               

        以前、杉村春子さんが主役を演じた天守物語も、やはり霞のような雲のような大田子滲み染の衣裳で統一

        されていたこと思い出しつつ楽しんだ。


                                                 地が大田子滲み染の附下


                 kimono   
                                                                   
                 
               

                         
          8月1日(金)

        朝涼のささやかな楽しみ、茄子の漬物に包丁を入れると美しい紫のグラデーションが現われる。

      表皮の紫紺から藍色、そして赤味の若紫となって柔らかな浅黄の身へ溶け込んでいく、

      ほんの四〜五mmのグラデーション。

      茄子の種類や漬け具合で微妙に違う色合を毎回見せてくれる。茄子は一年中出回るようになったが、

      やはり旬である夏の色合が冴えていると感じる。

      過日、日本橋の地下を歩いていると浴衣を着た若い外国人女性に会った。昼間だし珍しいなあと思いながら

      暫く歩くとまた同じ浴衣の女性に会い、更に歩くと立派なビルのインフォメーションコーナーの女性達が日本人も

      外国人も先程と同じ浴衣で応対しているのが見えた。制服だったのだ。正確にいうと浴衣ではなく、

      白地のスッキリした夏用のきものかも知れない。企業が儀式ではなく、仕事をする日常着としてきものを

      バックアップすることは日本文化の入口として多大な効果をもたらすと思い嬉しくなった。

      若者層に浴衣が流行して久しいが、私はどうも浴衣を着るのが苦手らしい。子供の頃は袖の長い浴衣を

      着せられ飛び跳ねていたように思うが、成人になって自分の意思で来た記憶はない。母が用意してくれたり、

      記念で貰ったりなど新しいものが何枚かあるが袖を通さないままだ。絽や紗も殆ど着なくなり、

      最近は専ら麻を愛用している。それもできるだけ対丈で。対丈に反巾帯、夏はこれに限る。


                               kimono of summer
                                                               対丈、バチ衿の宮古上布と藍染反巾帯



                                        kimono of summer 

                                                        長年箪笥で眠っている藍染の浴衣と博多献上反巾帯





                 7月2日(水)
                                                                                                                  
                kimono of summer 90
 
                                                                                                                
               
芙蓉は美人の譬えに使われるが、半年掛けてこの花の文様で小袖を染めた。夏用なので生地は立絽。

        昨年の暮れに御註文を頂き、模様のこと、生地のこと、地色のことなど、ゆっくりお話をしながら決めた。

        花も葉も白の濃淡を基調とし、グレーやブルー系の暈しを多用、涼しさを醸すためのプラチナ箔、

        後方に観世水。

        来月、国際的な催しでお召しの予定と伺っている。恙無きことを祈るのみ。

                                                                                      
                          kimono of summer                                                                                   
         

                                                                                                  

   
   6月16日(月)

          
村岡花子展が郷里の山梨県立文学館で開かれていると新聞で読んだ。

        赤毛のアンを 日本で最初に翻訳したことで知られ、NHKで放映されている花 子とアン

        モデルでもある。生涯和装で通されたようで、新聞には愛用の帯留がカラー写真で載っていた。
  
        百個ほど所持されていた中の三個だが、写真を見た瞬間アレッと思った

        
上下に並んだ一番上の津軽塗に似た象の帯留を私も持っている。箪笥から出 してみると

        間違いなく、祖母から譲り受けた理平焼や九谷焼の帯留と一緒の桐箱に入っていた。

        村岡氏と祖母は同じ世代なのだ。私は洋装のアクセサリーにはあまり興味ないが帯留には心惹かれ、

        普通の帯締はほとんど使わず、二分紐や三分紐で帯留を楽しんでいる。祖母から重ね扇の理平焼を

        貰った時は嬉しかった。「理平さんのやから大事にしまい」と祖母が力を込めていったことを思い出す。

        しまいとは、しなさいという意味の方言。理平焼は高松松平藩の藩窯で高松仁清とも呼ばれている。

        写真の一番下は陶芸の富本憲吉作のもので、これも感慨深い気持ちにさせられた。私が

        アシスタントをしていた西武百貨店きもの工房の女主が面接の折、身に着けていたのが富本作の

        帯留だった。村岡氏所持のものとは文様が異なるが、四弁花を薄い藍色で軽やかに描いたもので

        私の目はそれに釘付けになった。上の空で話を聞きながら、こういう帯留を身に着ける人なら仕事の

        手伝いをしてもいいかなと、ぼんやり考えていた。


                                         obidome

                                                                     上 村岡氏と同じ象

                              下左 理平焼 重ね扇に松竹梅    右 九谷焼 桜


 
        
和装は、きもの、帯、長襦 袢、小物など色の組み合わせで雰囲気が変わる。帯締め、帯留はその調和の

       画竜点睛だと常に心得ている。

       5月の終わりから6月に掛けて出番がある、私のお気に入り紫陽花の彫金帯留。若い頃、銀座で求めた。


                  obidome  
                         
 
           
                              
                                                  
                              
                                                            
            4月6日(日)

             桜色に衣はふかく染めて着む 花の散りなむのちのかたみに

          古今和歌集
にある紀有朋のこの歌を、桜が散るようになると思い 浮かべる。

          桜色は花弁ではなく枝を煮出して染める。花を咲かせる前の枝が最適で、時期を逸すると優しいピンクには

         ならない。 アシスタントをしていたきもの工房では草木染をメインテーマにしていたので、それに従事する方々が

         出入りしていた。 ある方の見本帳に桜の幹で染めたという紬があり、一見グレーなのだがほんのりピンクを

         帯びていて、改めて 草木の生命の不思議さを感じたことがあった。因みに花弁で染めるとグリーン味のグレーに

      なる。

               
       kimono of cherrykimono of cherry   


        
二九年年前に納めた黒地に 桜模様のきものが洗い張りのため里帰りして来た。「一番好きなきものです。」という

          ありがたい手紙が添えられていた。仕立て直す前に葉の部分に色を掛けて赤味を消し、これからも出来るだけ長く

         お召し頂けるように したいと思っている。茶道を通じて知り合った方で、このきものがご縁となり一緒に茶会の

         お手伝いに行くことが多くなった。 水屋にいても、食事をしても、きものをほとんど汚さない方で、それは

      茶人としての心構えであり、正にリスペクト。
                                 
        3月21日(金)

           袴姿の女学生を見掛けるようになると春だなあと思う。

          明治時代に女学校の制服として始まり、戦後は影を潜めていたが大正ロマンの流行とともに復活し人気が高い。

          宮中の女官の正装から考え出されたものなので本来は海老茶の無地なのだろうが、年々色数も増え、暈し入り、

          刺繍入り、地紋有りと華やかにになっている。私が小学校の頃は卒業式になると女性教師が濃紺のウールの

          袴を穿いた。日常と違い引き締まった気分になり、なぜかドキドキして嬉しかった。きものはそれぞれお好みの

          ものを召していたのだろうがほとんど覚えず、ゆったりとして暖かそうな袴だけが記憶に残っている。



                       haori


         上の写真は、私の小学校の卒業式に母が着ていたきものを仕立て直した袖 なし羽織。母はその時、白地に

          花柄小紋の羽織を合わせていて、遠くから見ると光線の具合で黒字に赤の竹が浮き立っていた。

         嫁入り支度の中の一品で辛うじて戦火を逃れたらしく、箪笥からこのきものが出されると改まったお出掛けだと

          分かった。駒御召(?)といっていたがシャキシャキした織で、私も大人になってからきものとして着て

         みたかったが、すでに裾の辺りが 傷んでいたのでその部分をカットし、長コートとして愛用した。そしてまた.

         裾や袖底が傷んだので袖なし羽織りになった。 当分着られそうだが派手だと感じるようになれば、鏡掛けや

          手提げ籠、更に針山や守袋などにしても楽しめ、美しい布は生き続ける。

          羽織の裏はやはり戦前のもので、祖父のか父のか判然としないが、洗い張りをしてあったので使ってみた。

          地球儀を持つライオン、何か意味があるのだろうか。ご存知の方がいらしたら教えて欲しい。


 
                        haori


        
2月28日(金)



                 kimono


                一目惚れしたトルコブルー地に白梅模様、千総(ち そう)製、 型染友禅のきもの。

          一九七〇年代前半、デパートで目に留まり、後先考えずに買ってしまった。
              
          お気に入りのこのきものに若いころは朱の帯を、後には銀の帯を合わせたが、もうそろそろ着るのを終わりに

          しようと思っている。家の中で畳んで見るより着ると華やかで、気恥ずかしく感じるようになった。

          今夜は目黒雅叙園の食事会なのでもう一度着ることにした。

         それにしても、きものの寿命は長い。四〇何年もの間楽しませてくれ、また別の誰かに譲ることもできるのだから。


                  kimono obi     kimono obi




           2月8日(土)

                     
            立春にも雪が舞うのを見たが、今日は朝から雪。外出できそうにないので古いきものの手入れをする

         ことにした。 手入れといっても畳紙や乾燥剤を新しくする程度で、時間に余裕があれば楽しい作業だ。

         一枚一枚にそれを買ったとき、 着た時などの場景が浮かび、過ぎ去った月日を蘇らせてくれる。地味好みだった

          こともあり二十代から続けて着ているきものも多いが、どうしても無理なものもある。このピンク地のように。


           kimono


 
         ピンク地は細かいのでよく見えないが幸い菱の江戸小紋で、模様の部分を抜染糊を使い白くし、更に友禅加工

         している。 一九八〇年前半に見本用として染めた。その頃、同年代のほとんどの方は嫁入り支度で作って

         貰った江戸小紋を持っていらして、何か面白い染め替えをして欲しいと頼まれたので考え出した。鮫小紋の裾に

          抜染糊を使い桜の花弁を散らしたり、波小紋に兎を飛ばせたりして喜ばれた。実家で作って貰ったきものは

          少し雰囲気を変えても大切にしようという時代だった。

          見本用に染めたこのきものが古い私物と一緒になっているのは、ブリュッセルの劇場で着たからだ。

          私は自分で染めたきものを着ることを好まないし、ピンク地にも抵抗を感じたが、外国でならいいかと思い切った。

          思い切った。あの日、ブリュッセルも雪だった。深夜ホテルへ帰る時には止んだが、近くの教会の横の道が凍り、

          巨大な滑り台状態になっていた。 草履で歩くのは至難の業だったが若かったからだろう、滑らず、転ばず、ホテルへ帰ったように思う。

          そのホッとした写真。


                           in hotel
              
                               

           1月6日(月)


                              obi
                                       

                
              年の始めになると、黒繻子地に三番叟人 形の古い刺繍帯を出してみる。私が生まれる前から母の箪笥に

           仕立てないまま入っていて、きものに興味を持つようになってから何度か出して眺めたが、どうしても配色が

           好きになれずそのまま、また終い込んだ。

          能楽の後半に狂言方によって舞われる三番叟を観て、その意味や魅力を知るようにな り、改めてこの帯に

           向き合った。好きになれなかったピンクと紫は、初期の化学染料ローダミンとメチルヴァイオレットで染められた

           糸で、ある時代の流行を表す貴重な資料だと思えるようになった。仕立てると鈴や烏帽子など、刺繍の細かい

           技術が見事だ。プロの仕事に間違いないが、どのような方の手による刺繍なのか詳しく聞いておけば良かった。

           折角仕立てたので初釜に一、二度締めたことがある。黒繻子がしなしなと柔らかく、格別な心地好さを感じた。

           今月は九十歳を越された恩師の誕生会があるので、お健やかさを願い、二十年振りにこの帯びを締めようと

           思っている。

                                元のページへBACK

                     
inserted by FC2 system