2015年


            12月27日(日)
 

                     ピエロ 
            
                       ピエロの帯  太鼓の部分



          
今年最後に納めたのはピエロの帯。私はピエロが好きで見本用に染めていたのだが
      
       市松の変形のような生地や黒の地色も好まれて、手元から離れることになった。



                 obi


                                 obi

                                       それぞれ帯の前の部分


       ピエロが好きといったが正確には気になるという感じで、映画やショーなどに出て来ると

       何となく嬉しい。以前デパートの催事場で、茶の泥大島の作務衣をお召しのおじいさんが

       いらしたので呉服関係の方かなと思い近寄ると、ピエロの手作り人形を売っていた。

       きものの残り裂を使って奥さんが縫い、顔と手は画家であるおじいさんの担当だと説明

       してくれた。ピエロのきりっとした表情と繊細な指に魅せられ、二体買うことにした。

     長年本箱の中で他のピエロと並んで座っているが、あの時ランチタイムで場を外していて

     会えなかった奥さんは どんな方だったのだろうと思うことがある。


                      デパートの催事で買ったピエロ
              
               ピエロの人形



               ピエロの人形




     11月16日(月)


            ポスター

                                 ーきものモダニズムーのポスターより  昭和初期の銘仙



           
ーきものモダニズムーという銘仙の特別展が六本木の泉屋博古館分館で行われている。

       最寄駅にはきもの姿が目立ち、会場へ向かう途中でも、それぞれに趣向を凝らしたきもの姿を

       見ることができた。会場に入ると入場者の半分以上が個性的なきもの姿、イヤーリングなどは

       大人しい方で、ハイヒール、ブーツ、唐桟のきものにベレー帽を被った若い女性もいた。私は

       休憩用のソファーに座り込んで眺めながら、街中でこれだけのきもの姿に会えたらどんなに

       良いだろうと思ったりした。

       銘仙は大正から昭和にかけて流行した普段着のきもので、化学染料の鮮明な色彩、

       アールヌーヴォー調など洋風の大胆な意匠を特徴とする。今回のように一堂に並んだ銘仙から

       発するパワーは強烈で、インサイダー情報によれば図録は売り切れになりそうだという。

       これからのきものの在り方を、改めて考えさせられた。

       私も子供の頃よく着ていたが、軽やかな風合いが懐かしい。     ( 特別展は26日まで。)


            
             obi


       
上の写真は最近染めた更紗帯の太鼓の部分。更紗に鳥や獣が入るのはヨーロッパ好みらしい。

      御註文の方はこの帯を久留米絣や大島に合わせると伺っている。



      10月31日(土)

      御礼

      紅に山粧う頃となりました。

      先日の遊染会には御多忙、御遠方に関わりませず

      お出ましを頂きありがとうございました。好天に恵まれ、会場は終始

      笑顔の絶えない和やかさでした。

      心より御礼を申し上げます。


           gallery


      
      9月2日(水)

       十月に江古田の古美術&ギャラリー古藤で個展を行うことになりました。

      高松高等学校の同期生が、講談社を定年退職後に始めたギャラリーです。

      お仕事の関係で知り合われた建築家の設計で、ガラス戸を開けると木の床、

      彼女のお人柄もあり、何時訪れても心和む空間です。

      御主人の古美術店も併設しています。

      御案内状には最初の個展の折に考えました、遊染会(ゆうぜんえ)を使います。

      遊染は、余裕を持って楽しみながら染めるとか、少し冒険をして個性的な意匠や

      色彩に挑戦するという意味を込めています。

      そして何よりも、新しい豊かな出会いがありますようにという願いを込めて。



                         御案内状

             案内状



      案内状



      7月1日(水)

       「あなた達、出番ですよ!」と、二十年前に描いた図案、風神雷神の童子達に

      呼び掛けながら染め始めた。

      久し振りに電話を頂いた方から反巾帯の御註文があり、何にお締めになるのか伺うと

      やはり浴衣だと仰った。長年友禅の仕事を続けているが反巾帯の御註文は初めて。

      季節のものなので急遽お会いすることになり、藍系の浴衣二枚を持ってお出でになった。

      人形の文様がお好きなようで、以前に猩々と七福神の帯を納めたので、まず手元にある

      風神雷神の童子を見て貰い、それから色々と季節に合う図案を提示してみた。しかし

      童子がお気に召したらしく即決だった。ちょうど代謝色(たいしゃいろ)の紬があったので

      焦げ茶を基調とした素描友禅にすることになった。二十年前この図案で帯を何本か

      染めた時は本友禅だったので、今回素描友禅ににすると面白いように筆が走り、

      元気な童子になった。


                               
        obi

      
      
      6月2日(火)

        岩合光昭さんといえばネコ、ネコといえば岩合さん、NHKBSプレミアムの番組

      <世界ネコ歩き>は大変な人気のようで、繰り返し放映されている。

      わざわざチャンネルを合わせることはないが、予期せず画面に岩合さんのネコが出ると

      思わず笑みがこぼれ、そのまま見入ってしまう。特に朝八時前のミニ版が好もしく、

      お茶を飲みながら楽しむことが多い。無邪気なネコもいれば、撮られることをしっかりと

      意識しているネコもいて、岩合さんがさり気なく語りかける言葉に様々な反応をするのが

      面白い。ぼんやりとそんなネコ達を見ていて、何年も前に買った子いぬという写真集を

      思い出した。クローバーに鼻先を埋めて眠るピレニアン、砂に塗れて波と遊ぶ柴犬など

      どこかユーモラスで心和むその写真集は、戌年に生まれる赤ちゃん用祝着を染めるため

      戌年に買ったはずだ。本来なら子犬の写生から始めるのだが、東京で子犬に出会うのは

      難しく写真集を買うことにして、幾種類のなかから選んだ。久し振りに手に取ってみると

      ヤッパリカメラマンは岩合さん。ヤッパリというのは<世界ネコ歩き>の画面から受ける

      印象、生き物に接する感覚や愛情が写真集に似ているのだ。子いぬは野原の草や土の匂い

      風さえ感じさせてくれる大切な愛蔵版なのに私は子犬の表情や姿態だけに囚われ、

      迂闊にもカメラマンの名前を確認していなかった。考えてみれば波に遊ぶ子犬の目線で撮る

      ということはカメラマンも砂浜に寝そべり、波に濡れていることになる。

      ありがとう、岩合さん。

      岩合光昭さんの写真展<ニッポンの犬>が東京銀座のノエビア本社ビルギャラリーで

      開催されている。珍しい四国犬や、弘法大師を高野山へ導いた伝承を持つ紀州犬など

      六犬種が大自然の四季の中で活写されている。 (6月26日まで)



           kikomo  foy  baby



                    kimono  for  baby


               上の写真は一九八二年に染めた赤ちゃん用祝着。

      岩合さんの写真集子いぬから、犬種に構わず元気な形の良いポーズを採り、

      白い毛並に薄茶の斑を少しずつ入れて兄弟のようにした。郷土玩具に戯れる子犬達。

      下の写真は糸が髭のようにピョンピョンはみ出た紬を入手した際、子犬の図案を縮小し

      地色違いで何本か染めた帯。


                              obi
   


              4月1日(水)

                                                     花の帯
               
                      obi



        四月四日から公演される美輪明宏さんの黒蜥蜴の舞台が今回で最後になるそうだ。

      初演は一九六八年のやはり四月、友禅染の仕事を始めたばかりの私は青山学院大学近くの親戚の家から、

      渋谷駅ビルの百貨店階上にあった東横劇場へ歩いて観に行った。明智小五郎は天知茂さん、

      妖しさ漂う、鮮烈な舞台だった。

      親戚の家は青山通りから東へ入った二筋目にあり、その頃は静かな住宅街だったが、ポツリポツリと

      スナックと呼ばれる店が出来つつあった。青い部屋という少しゆったりとしたスナックが近くに出来たのも

      そのような頃で、近所の人の話によると、経営しているのは、シャンソン歌手で推理作家の戸川昌子さん、

      深夜になると稀に御本人が現われシャンソンなど歌うということだった。そんな噂を耳にした、お酒大好きの

      義叔父が夜遅く出掛けて行った。珍しく、飲めない叔母も一緒に。早寝早起きの私がウツラウツラしていると

      帰って来た叔母の子供のように弾んだ声が、ドア越しに聞こえた。「丸山(美輪)明宏が来たのよ、赤いブーツ

      履いて、外車に乗って!」 黒蜥蜴の舞台を終えた美輪さんが青い部屋に現われたらしい。その年黒蜥蜴は       

      木村功さんの明智小五郎で映画にもなり、美輪さんの美貌は連日のように新聞や雑誌の紙面を賑わせた。

      私も夕方の早い時間に何度か青い部屋へ行ったことがある。白いシャツのボーイッシュな若い女性が寡黙に

      応対する店で、不思議なことにアバンギャルドなインテリアにも関わらず、いつも入口に座り丁重に挨拶して

      くれるママらしき五十代(?)の女性は古風なきもの姿だった。きものだけでなく髪型や物腰も極めて古風で、

      スナックのママというより料亭の女将のような雰囲気があり一年中きもの、夏は浴衣姿をよく見掛けた。

      考えてみればあの頃、同じ筋にあった洋裁塾の小柄で威勢のいい先生も一年中きものを着ていて、

      教える際は真っ白な割烹着を掛けた。気合を入れるためだったのだろうか、洋裁塾なのに別段、可笑しい

      とも感じなかった。日常にまだまだきものが活きていた時代だった。

      美輪さんの初演の黒蜥蜴では髪をセンターから分け、ブルーグレーのきもので佇む場面が印象に残っている。

      最近テレビなどで菩薩のように微笑む美輪さんは好んで三宅一生さんデザインのものをお召しだが、今回の

      舞台でもきものの場面があるのだろうか。あるとしたらどんなきものなのか興味が湧く。

             
             1月9日(金)

        一九四六年のお正月、つまり戦後初めて迎えたお正月の光景を進駐軍が撮影していて、今年の元旦に

      テレビで放映された。驚いたことに食糧難など厳しい状況にも関わらず人々の顔は晴れやかで、女性達は

      ほとんどきもの姿だった。鮮やかな桃色、化学染料のローダミンで染めた羽織やコートに黒いビロードの

      肩掛を合わせた人が多く、目がチカチカするようだった。ローダミンは大正末期から昭和初期に流行した色で

      長い間、箪笥や押入にしまい込まれていたきものが何の憚りもなく外気に触れ、まるで花が一斉に咲いた

      ように輝いていた。私もお正月はきものと教えられ育った世代だが、年月を経るごとにきものが生活から

      遠ざかってしまったことを思い知らされた。



                                          kimono


      上の写真は今年の初釜のために御註文を受けた五十歳前半の方の付下。竹地紋の生地に、

      竹と舞楽の兜や楽器の模様、本友禅染。

      お召しになられた写真が届くのを心待ちにしている。   

                       
                                 元のページへBACK




                                                                                    

                       

  

                 
inserted by FC2 system