2016年

        
12月30日(金)   
              
       昨年の十二月に納めたピエロの帯の写真が届いた。ディナーショー用のコーディネートで

      着付もパーフェクト。こんな写真を見ると励みになる、来年も心して染めますと。

                         
                obi          
                                                     obi

                                                                                                                         
                                                              


    11月18日(金)

        十月、十一月は身近で興味をそそる催しが多い。その中で特に心に残ったものを

      挙げてみたい。
          
                    手力男(たぢからお)
           kagura



                 鈿女命(うずめのみこと)

                                kagura


                               
                                        柴引き                               
                 kagura


       上の写真は十月に、國學院大學で催された宮崎県の日之影神楽

       宮崎県最北山間部から上京した保存会有志の面々が、本来なら夜を徹して奉納する

       演目をダイジェストで野性味たっぷりに披露してくれた。通りかかった神社などで観た

       軽妙な笑いを誘う神楽とはまったく違う、日の光と土の匂いを感じさせる生命力に満ちた

       舞に圧倒され、忘れかけていた何かが体中に蘇るようで涙が出そうになった。

       柴引きなど、あばれ神楽と称される演目や後見の濃紺のきものに袴姿が、当たり前の

       ことながら極自然で、日常にきものが着られていた明治時代の書生を連想させた。

       男性がきものを着るならば、かくあるべし。


                                    紅の力たどる一跡 吉村晴子の仕事
                
         red

       

                   red


                              
                   red                              
                                   
                 
    
高崎へ、紅の力たどる一跡 吉村晴子の仕事という個展を見に行った。

      吉村さんは高崎の紅染工場創業家に生まれ、昭和初期に衰退した紅板締めの復元に

      取り組まれている分野は友禅と異なるが、染色の先輩だ。

      紅の地色に型板を使った技法で白い文様を作るのが紅板締めで、かつてきものの裏地や

      長ジバンなどに持て囃された。今回、高い天井の会場には新しい型板を使った装飾品、

      古布のコレクション、美術展に出品された紅が基調の屏風、タペストリーが並び、正に

      紅の力が漲っていた。

      紅板締めの生産は昭和初期に終わったが、戦前のきものの裏地=胴裏はほとんど

      モミという深い無地の紅染だった。現在は白一辺倒になってしまった。薄色のきものの

      流行や、モミの色落ちなど機能的な原因もあるだろうが残念だ。しかし紅は、芸者さんの

      襟元や、履物の前壺など効果的に使われ、ハッとするような色香を放っている。


         red


      上の写真、男物のように地味な祖母のきものの振りにモミを付けて、若い頃から愛用

      している。横の可愛い小物は、吉村さんに初めてお会いした折に頂いた。古いモミを使って

      御自分で縫い、周りの方々に差し上げているらしい。今回、「お手玉のように見えますが、

      何とう名前ですか?」と伺うと、「何だったかしらねぇ。」と、おおらかな御返事。
                
            
      
      
     9月9日(金)               
                  
         秋になり、お酒といえば猩々を思い浮かべる。月光に照らされ汲めども尽きぬ酒壺の

       側で水と戯れる猩々。文様としても好もしいので帯に何度か登場。写真として残っている

       のは下の一枚だけ。

                         素描友禅  猩々の帯

             obi
    
      
    
8月8日(月)

                      段絽  敦盛の帯
               obi 
    
           
中学生の時、山本松枝という女優のような名前の個性的な国語の先生がいらして、授業中に

       よく能の話をしてくれた。戦死なさった御主人が使われた謡曲本を開いて見せて下さり、

       いかに能が素晴らしいかということを繰り返し熱っぽく語られた。中学生に謡曲本の字はほとんど

       読めなかったが、朱筆が入り、かなり使い込まれていることだけは分かった。舞台の構造や、

       演目によって置かれる作り物という簡素な手作りの装置のことなども教えてくれた。そのような

       経緯で、上京した私は何の抵抗もなく能を観るようになり、きものの文様にも取り入れるように

       なった。高砂羽衣の黒留袖が多かったが、最近やっと私の好きな十六の面で登場する敦盛

       帯を染めることができた。八月ゆかりの敦盛は笛の名手としても有名。

                                                        前の文様は若葉の笛
                obi


       
         7月21(木)

         catalog

     
雨の日が続く中、渋谷Bunkamuraの西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展へ行った。

      インドから西洋へ、フランス革命前から現代へと、ギンギンに冷えた会場で展示された

      更紗の変遷を見ていると、不思議な旅をしているような錯覚に陥った。

      藍と茜を基調としインドから始まったとされる更紗は世界の人々に愛され、さまざまな場所や

      時代の想いを加味して多彩になり、卓抜なデザイナーよって洗練された単色になり、

      自由自在に伸びやかに身近な装飾品として生活を潤してきた。

      フランスで染められ名声を博したジュイ(ヴェルサイユ近郊の更紗工場があった村)の布

      王妃マリー・アントワネットにも好まれ、ドレスの断片が本の装丁となって展示されていた。

      更紗は木版、銅版を使うことが大半だが、王妃のドレスは手描きだった。白地に素朴で

      優しい花や蝶、小鳥が描かれていた。この頃の手描きは女性達が自分の髪の毛で作った

      細筆を使ったそうだ。

      下の写真、長閑で温かみのあるジュイの布も木版に手描きが加えられている。手描きという

      解説があると、つい近くへ寄って見入ってしまった。        


                                       庭師たち   1780年頃 フランス                 
                         sarasa


       私はなぜか更紗を描くのが好きで、何度か自己流できものや帯を染めた。

       そしてその都度、着用して下さる方が現われ手元には残っていない。ジュイの布

       ユーモラスな空想の昆虫や植物を見ながら、更紗には文様も技法も特に規定がなく、私が

       描いたものを自己流という必要もないなあと感じた。着用して下さる方が現われることも、

       室町時代に初めて輸入された更紗が茶人、文人に珍重され、一六〇八(慶長十三)年には

       インドのオランダ商館が日本人向けの更紗の製造を現地の職人に指示していたという記述

       から理解できた。鎖国になっても更紗の輸入は続き、幕末近くになると西洋更紗が

       インド更紗を凌ぐ。日本独自の和更紗も産まれている。       

       今回の個展にも全通の更紗帯を出した。同じ文様を繰り返し繰り返し描くので時間も、いや

       日数も忍耐力も要した。会場では「型染ですか?」といわれたりした。

                                             全通の更紗帯
             sarasa obi

     ありがたいことに今回も着用して下さる方が現われ、手元を離れた。

       輪廻など信じてはいないがジュイの布を見ていると、澄んだ川が流れ、草原が広がる

       ヴェルサイユ近郊の村で、前世私も自分の髪の毛で作った細筆を持つ一員ではなかった

       かと思えてきた。不思議な旅とはそういうことで、私は遠い日の風を確かに感じた。
          

         
7月8日(金)


           kimono of baby


                   kimon of baby

         
   今回の写真は絽の一つ身、赤ちゃんから三、四才くらいまで着られるきもので

      お宮参りにも使われる。   
     
      極薄いサーモンピンクに赤紫の絞りと竹の型染めの生地に、お母さまの淡い色でという

      御希望で、白菊と濃淡の撫子、銀の流水を六月生まれの一花(いちか)ちゃんのために

      描いた。健やかに、花のように育ちますように。     
     
    

              6月17日(金)


         gallery


               これは五月末に開いた個展会場の飾り付けを終えたばかりの写真。

      お蔭さまで大勢の方々に見て頂き、心より御礼を申し上げます。

      ドアの右と左に掛けてあるのは、今回初めて試みた絹芭蕉に顔彩の壁飾り。


               tapestry


                                 tapestry
                                 

                                 tapestry


       三種作ったが、それぞれに持ち主が決まり、金魚は「ツキジ、ツキジ(築地)」といって

       道を尋ねに入ってきた外国の若いカップルが持ち帰ってくれた。
                                                                                                          
                                                                                                 
          

             5月1日(日)

        四月から始まった朝ドラ「とと姉ちゃん」の冒頭を観て珍しく感じた人がいるようだ。

      高い櫓のような干し台に染め上がった反物が風になびく光景、私にはそれが浜松で

      あること、遠くに海(湖かも?)が見える空地であることが新鮮だった。以前、東京の

      川沿いではよく見かける光景で、高田馬場から早稲田へ歩く間にも僅かながら

      干し台が残っていて、足を止めて眺めたものだ。浴衣や手拭だけでなく、絹の無地染も

      見たことがある。東京は浜松のように空地がないので屋根の上に組まれていた。

      広重のー名所江戸百景ーにも描かれている。

                      神田紺屋町           
           ukiyoe

      神田、浅草などで盛んだった浴衣や手拭の染職人が関東大震災以後、

      神田川の水を求めて高田馬場、早稲田に移り住み、また木綿の産地で有名な

      浜松へも流入したということだ。

                       法被の形に畳んだ手拭
                       happi

                          
      上の写真は以前、講談師二代目悟道軒圓玉さんが襲名の折、挨拶用に私がデザイン

      した手拭。広げると下の写真のようになる。
      

               tenugui


      最近、早稲田大学の裏通りを歩いていて、タオル店のショーウインドーで法被の形に

      畳んだ、少し色褪せた手拭を見つけた。個展に来て下さる方々に差し上げるのもいい

      なあと思い、店内に入り加工代を尋ねた。ショーウインドーに飾っていることさえ忘れている

      様子で、工場に聞いてみますという答えだった。二、三日経っての返事では畳める人が

      いなくなり、注文を受けるのは無理とのこと。昔は大学からも沢山注文があったんですがねぇ

      とぼやく。後日、タオル店の前を通るとショーウインドーの見本用法被形手拭は消えていた。
      

                 昭和30年頃の手拭、法被、暖簾などの見本帳
             book

     

      4月2日(土)

        春うららというには、まだ心もとない。桜が咲いても、雹が降ったりする。

      現在、五月の個展に向けて準備をしているが、下の写真は初めての個展の時に

      染めた色留袖。明治、大正の日本画家、池田蕉園(1886年〜1917年)の

      絵からヒントを得た。

      
         kimono

     
      遊女だろうが、姉妹のように穏やかな表情で庭を眺める絵は、春の宵を連想させた。

      後の草紙を読みながら、うたた寝をする遊女の文様も蕉園の絵から写した。それまで

      問屋の仕事であれ、個人の仕事であれ、何らかの制約を受けるものだが個展となれば

      自由に染めることができる。その解放された嬉しさをこの写真を見ると思い出す。ただ

      染めてみたいということが優先し、このように大胆な文様の色留袖を着ようという方が

      現われるかどうか疑問だった。何と、若い高校の教諭が現われた。教え子達の結婚式に

      招かれる機会も多いらしい。後日、お召しになられた感想を伺うと、

      「私の顔を見ないで、きものばかり見るのよ」といって、満足そうに笑われた。ありがたい

      ことだと今でも思っている。


              kimono

      
           


      3月16日(水)

        春になると京都の茶屋街では申し合わせたように仲居さんたちが絞り染の帯を締める。

      これは四十年位前、頻繁に京都へ行っていた頃の印象だ。染帯は春にとよくいわれ、特に

      京都では、その代表である絞り染が好まれたのだろう。


           obi

      
       上の写真は絞り染で有名な片山文三郎商店の帯。鹿の子絞りが太鼓の上から下に

       向かって段々と大きくなっていて、わたしの自慢の逸品。やはり春に締めることが多い。

       片山文三郎商店は絞り染の伝統的な技術を生かし、きものや帯に限らずスカーフ、

       バッグ、アクセサリーなども開発し、海外へ進出している。銀座三越にコーナーもあるが、

       最近銀座六丁目に直営店を開いた。早速出掛けて行き、二枚目のポンチョを衝動買い

       してしまった。

                                        直営店でポンチョを試着
                 puncho


       

      2月2日(火)
                           越後獅子の帯
            obi  

  
         泉鏡花のー春昼後刻ーを読んで以来、いつか越後獅子の文様を染めてみたいと思っていたら

       昨年の初冬に越後獅子の帯の御註文があった。若い頃から長唄を続けておられる方で、

       新年会に締めたいという御希望だった。「越後獅子」は長唄の代表的な名曲で、私も舞台で演奏を

       聴いたり、舞踊を観たりしたことがある。手元に錦絵や人形の写真など越後獅子に関する資料は

       少しあったが、今風にパソコンで調べてみた。出るは、出るは、物凄い数のデーターが出て来た。

       やはり美空ひばりの「越後獅子の唄」がトップに、嵐寛寿朗主演の映画「鞍馬天狗」の中で美空ひばり

       扮する越後獅子の少年杉作が唄う物悲しい旋律の唄だが、明るく健気な杉作の演技と共に

       多くの人の心を捉えた。久し振りに映画を観た幼い頃を思い出しつつ、長唄に相応しい越後獅子

       をと努めた楽しい仕事だった。先月の末、無事にお送りできた。


            obi

     

                     トップページへBACK
      
inserted by FC2 system