2012年  

                      4月14日(土)       蝶                          

            東京の友禅染工房に入ったのは1968年の春だった。最初は下絵を写すことから始まり、

            一週間も経たないうちに彩色筆を持たされた。蝶の文様だった。その頃はきものの需要が多く

            見 様見真似で、とにかく枚数をこなさなければならなかった。修行するには活気があり好運な                      
                                                                                
             時代だったと思う。                                                                                             

             蝶にインスパイアされたのは戦前の映画、藤十郎の恋を観た時だった。その映画の中で

            死を覚悟したお梶という内儀が着ていたきもの、儚げな暈し地に白と黒の蝶が幾つも舞い、

             内儀の深く、遣リ場のない想念を浮かび上がらせていた。

           きものを通して現れた心象とでもいうのだろうか。文様は単に並べ繋げるものではなく、互いに

           響き合わせ、異次元の効果を生むものだと改めて感じた。                      

           映画の美術は小村雪岱、好きな画家てあり、その時から蝶は私にとって大切なモティーフとなった。

           蝶は夢幻に、無限に、クリエイティブな世界へ導いてくれる。
                                                                                           
                                                           

                                                          obi  
                                    
   
                                       本友禅  袋帯

                                                                             
                                    kimono

                                     本友禅  小振袖


                                                            obi
                                                                                                                                                                                                                                                    本友禅の帯                                                                                                                            

                                                                                                                              
                                    NEXT inserted by FC2 system