5月2日(水)       源平合戦 壇ノ浦                                                             

           平 家物語による群読で聞いた「頃は三月二十四日のことなれば、海路遙かにかすみわたる。

         ただ大方の春だにも 〜 」という、長門壇ノ浦で源平最後の合戦となった3月24日は、

         現行太陽暦の5月2日になるらしい。

         郷里、四国高松から眺める瀬戸内海もこの季節、正に海路遙かにかすみわたる。

         高松の屋島にも那 須与一の扇の的で有名な平家ゆかりの古戦場があり、壇ノ浦という。

         学校で歴史を習うまで、私は源平最後の合戦は屋島壇ノ浦だと思っていた。

        上京してからその話をする機会があり、同席した思想史の先生から   
                                                         
                  [今でもそう主張する学者がいますよ。」と聞かされ、驚いてしまった。   


                 kimono        

                              武具文様の附下           
                                      
                                                
                                                                        
                                                   
                     6月4日(月)       菖蒲

               渋谷に住んでいた頃、明治神宮の菖蒲田へよく写生に行った。

         品種が多く、個性的なので写生には好都合だった。菖蒲の名前もそれぞれ床しく、

                
         写生の手を止めて名札に魅入ったものだ。江戸菖蒲中心なので、大江戸、江戸自慢、そして

         紫衣の雪、笑楽遊、濡烏、酔美人、七小町などなど。

         細長い菖蒲田に沿って歩くと突き当たりに清正の井戸があり、何時も澄んだ水が湧いていた。

                                                                                 
                                                            下の帯の菖蒲は武蔵川
                                 
                                                  obi                                                                                               



                                                                                                                    
                                                                           
                          7月2日          七夕                       
                                                                                                                                                                                             五月の金環日食の時は日本人の八割がそらを仰いだそうだが、七夕の夜はどうだろうか                                                                                                                                                   
           都会で天の川を見しい。若い頃、瀬戸内海の島から眺めた天の川は手が届きそうで

           キラキラと銀色に輝いていた。

           友禅染としての七夕文様は、雛祭文様と同様、身に付ける期間が限られる贅沢なもの。

           だからこそ染めて欲しいという方もあり、何点か染めさせて頂いた。帯には笹の葉、梶の葉、

           短冊、五色の糸などの文様、そしてきものには機(ハタ)や箜篌(クゴ)の文様を加えた。

           七夕は棚機とも書かれ、女子の機織や手芸が上達するよう祈る行事なので機は必須、

           では箜篌はというと、これは唯、私の好み。ハープに似た古代楽器で、正倉院の残欠から

           復元されたものを見てから虜になった。他の楽器と併せて留袖にも使うが、取り分け

           中国伝説である七夕の織女が奏でるのを想像すると楽しい。

                                          
                      七夕の帯     obi                                                                                                                          

                                     kimono
                    

                                                       
                      下の写真は箜篌だけのワンポイント小袖。箜篌を上前の裾から背縫にかけて置き、衿と衽の部分だけ

          横段紋の生地を使い、異国風趣を出した。半巾帯を合わせてパーティなどに重宝する。



          8月8日(水)       黒百合

            夏になると箱根の山百合を思い出す。鬱蒼とした木々の間からポッカリ顔を出し、悠然と風に

          揺られる大輪の花は、しなやかで強く、一瞬の涼を放っていた。しかし、最近箱根で過ごされる方に

          伺うと、自然に咲く山百合はほとんど見掛けなくなったそうだ。

          黒百合には神秘的な響きがある。「黒百合は恋の花 〜」この情熱的なフレーズとリズムで始まる

          アイヌの夜祭を題材にした唄がラジオから流れたのは、私が子供の頃だった。黒百合なんて本当に

          あるのだろうか、というのがその時の子供の感想であり、日本では本州中部以北から北海道の

          限られた高山や湿地に咲くと知ったのは後々のことだ。黒百合の文様は夏帯のアクセントとして

          よく使う。実物は黒ではなく、茶や紫に近い。種類が多く形も様々だが、ラジオの唄を聴いて漠然と

          想い浮かべた、か黒い、妖艶な花を再現するようにしている。                        

                                                
                                                            obi
                         
                                                       


                      9月3日(月)      残暑

                 暑い、暑いといっていた今夏、上野公園はフェルメール熱で賑やかだったようだ。

          東京都美術館で真珠の耳飾りの少女、国立西洋美術館で真珠の首飾りの少女が同時期に

          見られるというので、開場時間を延長するほどの人気だ。

          フェルメールの絵、天文学者地理学者に、きもの風綿入れを着た人物が描かれている。

          鎖国が解かれた19世紀、西欧でジャポニズムの興隆があったことはゴッホやモネなどの絵で

          知っていたが、フェルメールが活躍したのは17世紀。当時、出島のオランダ東インド会社から

          磁器、漆器、金工と共にきものも本国に送られ、持て囃されたという資料を読んだ時は瞠目した。

          特にオランダが江戸参府の際、贈物の返礼として徳川家から受けた真綿入りのきものは

          本国で将軍の部屋着と呼ばれ、着心地の好さから一気に西欧の富裕層へ広まったようである。

          日本からの輸出だけでは足りず、インドの更紗なども、きもの風に仕立てられたものが残っている。
                                                                      
                       真珠の耳飾りの少女も首元の白い布が半襟に見え、金茶の服の肩に縫い目がないので

          最初きものかと思った。そうでないことはよく見て分かったが、真珠を含め東洋的で、

          振り返った一瞬の、ものいいたげな表情に親近感を覚える。
                                                                                        
          そういえば菱川師宣も、全く同時代、あの見返り美人??  フェルメールは見ただろうか。                                              

                       
           西欧で珍重されたきもの風部屋着 17〜18世紀        gown                                                                                                                                        
                                                                                                                                                       
                           
                                  


          
10月10日(水)       伝統の色

              私の生まれた四国高松では10月に市の氏神、石清尾八幡宮の祭がある。

          子供の頃は市内だけでなく、近在の町や村からも御練に参加する獅子舞、毛槍行列などが

           門付けをしながら集まり、家々では小さな御祝儀袋を沢山用意して歓待する、盛大な祭だった。

           その頃は七五三という特別な行事はなく、子供は祭に合わせて年齢相応の晴着を新調して貰い

           「お八幡さん」で御祓の後、参道の両側に延々と続く露店を巡り歩いた。


                   obi

                                                     
                       上の写真は三才の時の晴着を帯にしたもの。洗い張り後、長く納戸に仕舞われていたが

           何か形にして置きたいと思い、牡丹色の緞子を垂にして仕立てた。地色の紅梅は

           大正から昭和初期にかけて、メチルヴァイオレットとともに流行した初期の化学染料

           ローダミンの名残のようだ。

           ローダミン系の色は戦前の帯揚げ帯締め羽織の紐などに使われていて、私はこの色に出会うと

           なぜか懐かしく、心ときめく。茶道の師匠から譲り受けた、この色の帯止め用三分紐は宝物だ。

           日本橋の貴金属商に嫁がれた師匠が戦時中、禁じられた貴金属に代わり扱った和装小物の一種で

          未使用のまま保管されていた。ローダミン系の色は、やはり大正から昭和初期、

          東京新橋の芸者衆が流行させた、澄んだ緑味の青、つまり新橋色とコーディネートされることが多い。

                        


                       wasoukomono

                              戦前の和装小物


                            sannbuhimo

                              帯止め用 三分紐 

                                                                               
         戦後になって、派手で軽薄な意味を込めてショッキングピンクと呼ばれたこともあったが、

         日本の伝統の色を調べていると、古代から紅は紫と同様、憧れの的だったようだ。といっても

         身に着けられるのは上流階級に限られ、江戸時代になっても、紅花染、紫根染という本染は

         高価、贅沢ということで庶民には禁じられていた。しかし庶民は強か、甚三紅(ジンザモミ)、

          似せ紫など、安価な染法を苦心、工夫し、本染に近い色を楽しんだ。明治になって輸入された

         簡単で、鮮やかに発色する化学染料、ローダミンやメチルヴァイオレットは熱狂的に迎えられた

         ことだろう。これも伝統の継承かも知れない。因みに、わたしの七才の晴着は紫。綺麗な色は

         見て好きというだけでなく、身に纏うことによって精神が高揚し、元気になれる気がする。

         最近、きものの地色や文様にローダミン系の色を使うことはほとんどないが、

         バックやランドセル、手元のケータイやスマートフォンの機体ケースとなって、

         無機的なグレーやブラックの中で、華やかなパワーを発揮している。            
                        
                                                                       


                    12月3日(月)       ふくら雀

           最近ベランダを訪れる雀が少なくなった。しかも痩せている。

         冬の雀はふっくらと羽毛を膨らませ寒さを防ぐので、ふくら雀といったりする。

         帯結びにも若い女性の盛装用にふくら雀という形がある。後から見ると雀が羽根を広げているようで、

         私の成人式の頃はほとんどの人がこの形に結んだ。雅子さまや紀子さまがご婚約の時に結ばれて

         いたので、テレビやグラビアなどでご覧になられた方も多いと思う。

         きものの文様や、家紋にも図案化されたものがあり、お伽話に出て来るように愛らしい。


                   design
                                                                   図案化されたふくら雀

                                

         小学生の頃だったか雀の雛を育てたことがある。母の実家へ行った時、軒の巣から落ちたのを

         従兄が掌に乗せてくれた。嘴が黄色いという意味を初めて理解した。雛の嘴は黄色く、

         横に裂けているいるので、あどけなく笑っているように見えた。我が家で鉛筆の両端に糸を巻き付け、

         止まり木用のブランコを作り、勉強机の近くに置いた。雛は餌をねだる時以外は大人しく、

          そのブランコで眠っていた。 

          雀だけでなく小鳥も数々飼ったが、忘れられないのはオウムのこと。オウムとインコは区別

         されるようだが、我が家では体長35p以上あるモモイロインコ、アオボウシ、キバタンをオウムと

         呼んでいた。

         最初に飼ったモモイロインコは名前のとうり、頭から胸にかけてモモイロのグラデーションで

          羽根はグレー。動物園で見慣れていた原色の赤や青のインコとは違って、自然の淡く、美しい配色に

         魅せられた。餌は主にヒマワリの種だが、モモイロインコはバナナと焼き芋が好物だった。

         アオボウシはグリーン系で、人懐っこく、お喋り。また籠から脱走する常習犯でもあった。

         キバタンは若冲の絵によくある白いオウムで、羽冠がほんのり黄色く、濡れたように黒い、

         円らな目をしていた。いすれも知能が高く、愉快で、飽きない遊び相手だった。

         下の写真はインコの帯二種。

                                                                              
                                 obi  obi
                               
                                                     
                             
                        
                                                                    NEXT 元のページへ         
                                                                     












                                                                                                           








                                           
                                                                                 
  


                                                                      



                     

                          












                           
                                                

                
inserted by FC2 system