鏡花抄                                 kimono
                     

    海神別荘 


      蓮の花を愛でる人達の会があり、その会で飾る蓮の花のきものを染めて欲しいといわれたことが

     あった。き もの業界で蓮の花といえば喪服。楽しい会で飾るのに喪服は相応しくない、困った。

     しばらく経って、個展の準備のため泉鏡花の海神別荘を再読していたら、
                                                                 
     白龍馬に乗った美女を海底に誘う水先案内の蓮華燈籠に気が付いた。紙と竹で作られた牡丹ではなく
                            
     蓮華燈籠。これも仏具ではあるが、海 神別荘には、宝珠、楽器、綾錦など婚礼の品々が

     絢爛と鏤められているので蓮華燈籠も大きく、装飾的に描けると思った。個展には鏡花読後の心象を

     込めたきも のや帯を 並べようと考えていたので一石二鳥。かくて、花が降り、歌が聞こゆ

     海神別荘の 心象を、遊び心で染め上げた。


                      瓶覗地に藍と紫の段暈し

                         2004年 4月  銀座 清月堂画廊個展 
                                                                                                                     
                                   
                           obi                                                                                                                                                                    
         
                                                                               
kimono
                                                                             
                                                                         

                                                 
                              鏡花抄NEXT
                                                                                                                                                                                                                                     
inserted by FC2 system