参宮日記     obi

 
                        
      obi         黒百合



     
乱菊     obi




        
日本橋      nihonbasi
                                     
                                                                              
    雛の節句のあくる晩、春で、朧で、 御縁日

       一石橋に立つと、左に常盤橋、右に西河岸橋、日本橋が見える。

       この界隈は浮世絵にもよく取り上げられているが、私なりに鏡花の時代はどうだった

       だろうかと想像し図案を作ってみた。雲や水などに暈し彩色を施し、

       浅い春の情景を淡く仄かな色調で醸し出した色留袖。

                                    桑茶白落とし暈し  遠見日本橋 
                                            
                     
                                                                                               
                                                                                                 
                                                                                                                           kimono
                                       
       春昼 春昼後刻

春の日にゆらゆらと立つ陽炎は虚ろな人の魂だろうか。

逗子の海に臨むほかほかとした野に咲く、桃、菜の花、紫雲英、鼓草、蛍袋、

秋の暮より、春の日が寂しいという、たおや女、

母をも知らぬ、幼くいじらしい角兵衛獅子の児、

すべていとおしい命を、微妙な蝶の色に託した。

          薄黄檗地に洗朱と青碧の染め分け暈し  群蝶小 振袖







                                   薬草取                                                     
                                                                               
                                        kimono                                       
                                                                                                                     
                                    
                                                                                
    桜の花の梢もないのに花弁がちらちらと絶えず散る山道。 

    「 大方この花弁は煩い町から逃げて来て、遊んでいるのでございましょう。
                 
    それともあっちこっち山の中を何かの御使に歩いているのかも知れません。」という

    文章中の加賀笠を被った豊麗な花売の言葉に魅せられ、

    山深く四季の花が一時に咲く美女ヶ原を月光の中に表現した。

    花売が黒髪に簪した花一輪のみ紅。

         瓶覗地に紺青色足長暈し  四季の花小 振袖            

            
                                                              

                    高 野聖
 
                      kimono
 
   

    若い修行僧を逡巡させる、地響を打たせ、山彦を呼んで轟き砕ける男瀧、            

    絵のような面影が浮きつ沈みつ泣くように千筋に乱れ、細く流れ落ちる女瀧。

    深山の弧家に聞こえる無垢な涼しい唄、それを見守る嬢様といわれる婦人の宿命のように、

    青白く、妖しく揺れる夜の紫陽花。
                       
            
 露納戸地に消炭と媚茶の瀧暈し  単衣小袖  

                                                                                                             
                                                          
                              
琵琶伝

             0bi


      琵琶という名前の白い鸚鵡が出る短編。

      意に副わぬ夫に眼前で想い人を銃殺されたお通という女性がその夫の

     咽喉を喰い破って果てる、些か強烈な筋立。しかしお通と想い人を

     「ツウチャン、ツウチャン」と鳴いて取り持つ琵琶が健気で、

     菊花写真集の中にドラキュラという黒味を帯びた赤い小菊を見付けた時

     花喰い鳥の図案が浮かんだ。

              銀鼠地に墨色暈し  帯



                 
          kimono                                                                                    
   
  
                      眉かくしの霊

 十代の後半に読んだ。奥様のように両眉を剃り落し、懐紙で隠して

「似合いますか」と問う、柳橋芸者の幽霊の物語。

後々鏡花を読み続ける契機となった。



           灰色地に鉄納戸足長暈し  雪景色色 留袖




     

                                                                                           
                                                                                        
                             
        

                                                                                        

                                                                      
                           
トップページへBACK                                          






inserted by FC2 system